予防接種とは?

予防接種とは?

赤ちゃんが生まれて3ヵ月、そろそろ予防接種が始まる頃です。市町村からの通知や母子手帳にも記載されているように、赤ちゃんはたくさんの予防接種を受けるよう勧められています。けれど予防接種は、重い病気の免疫を作るためと言いながら、弱いウィルスを赤ちゃんの体の中に注射するのです。まだ生まれたばかりの、こんなに小さな体の中に。おまけに、接種の間隔がばらばらだし、集団接種の時に体調が悪かったりしたら?

 

こんな風に、特に第一子の赤ちゃんを育てているお母さんにとって、予防注射はとても緊張感をかき立てるものです。そもそも、予防接種は何のためにするのでしょうか?

 

第一に赤ちゃんを危険な病気から守るためです。予防接種をすることで、赤ちゃんの体の中に、その病気に対する免疫ができて、一生その病気にかからないで済むか、あるいはかかってしまっても、ごく軽く済むことがほとんどです。第二に、予防接種の対象となる病気は強い感染力を持つものが多く、一人が感染することによってどんどん広がってしまうことが考えられます。したがって、流行を防ぎ社会を感染症から守るという目的もあるのです。

 

私たちが成長する過程で、赤ちゃんが受ける予防接種の対象となる病気(結核、ポリオ、百日ぜき、破傷風、ジフテリアなど)は、あまり身近に存在するものではなかったでしょう。それらはかつて日本や世界で流行し、たくさんの犠牲者を出した病気です。かかってしまうと、治療のすべもなく死に至ってしまうことも珍しくはなかった病気です。現在、私たちの多くがその病気を心配しないで生活できるのも、かつて受けてきた予防接種のおかげです。仮に、受けていない人であっても、周囲の人が予防接種を受けていることによって、その病気をブロックしているのです。

 

赤ちゃんがお母さんからもらっている免疫の力は、日を追うごとに弱まっていきます。さまざまな病気の種類ごとに免疫がきれてくるおおよその期間が判明していて、その時期に照らして、各種予防接種の適正な時期が定められています。

 

まだまだ育児に慣れていなくて必死の時期ではありますが、大丈夫、どのお母さんも通ってきた道です。落ち着いて、予防接種のスケジュールを立ててみてください。それほど、難しいことではないはずです。