予防接種の種類

予防接種の種類

赤ちゃんが受ける予防接種は、主に定期接種と任意接種に分かれます。

 

定期接種とは、国が保健行政の中で一定の年齢で受けることを勧めているもので、感染力や赤ちゃんがかかったときの危険性が強いものです。三種混合(ジフテリア、破傷風、百日ぜき)、BCG、ポリオ、麻疹・風疹混合の4つが対象となり、法律で定められた年齢の期間内では公費負担で無料となることが多いのですが、一部自治体では有料のところもあります。ただし、接種は強制ではなく受けるか受けないかの最終的な判断は、赤ちゃんの親に任されています。

 

任意接種は、赤ちゃんの置かれた状況や家族構成などにより、主に親が予防接種を受けるか受けないかを判断するものです。おたふく風邪や、水疱瘡、などがあります。健康な赤ちゃんが通常感染しても軽症で済む事が多いのですが、重い合併症が引き起こされる可能性があり、感染するとリスクの高い体質を持っている赤ちゃんもいます。赤ちゃんの生活環境から判断して、親が病院で希望して受けます。費用は保健が利かないので自己負担となります。

 

特別措置としての予防接種に日本脳炎があります。以前は国が接種を勧めていたのですが、重い副反応が起こることが判明し、現在低リスクのワクチンを開発中です。日本脳炎そのものが日本からなくなったわけではなく、外国ではいまだに多くの感染者が出ている現状から、必要に応じて親とかかりつけの医師との相談の上、接種を行うことができます。

 

また、接種方法には集団接種と個別接種があります。集団接種は居住する自治体で日時と場所を指定されて受けるもので、個別接種はかかりつけの医院で個人的に申し込んで受けるものです。赤ちゃんの体調管理から考えると、個別接種はお母さんにとってもありがたいものですが、BCGやポリオは地域全体を感染から守るという考えの下、多くの地域で集団接種が行われています。自治体によって違うので、通知やお知らせがない場合は、問い合わせをして確認することが大切です。

 

WHOが世界的に赤ちゃんへ接種を勧めている予防接種は、BCG(結核)、ポリオ、三種混合(ジフテリア、破傷風、百日ぜき)、麻疹の6種類で、日本における定期摂取はこれらすべてをカバーしています。予防接種は、赤ちゃんの人生への大切な贈り物、大変だけれどお母さんもがんばってください。