予防接種スケジュールの立て方

さまざまな予防接種には、それぞれ受けることが望ましい年齢や受ける回数が示されています。それは、お母さんから赤ちゃんがもらっている免疫が弱くなり、赤ちゃんがそれぞれの病気に感染しやすい状態になる時期や、赤ちゃんに免疫がしっかりつく回数を考慮して考えられたものです。

 

また、予防接種の種類により次の接種を控える期間が違ってきます。これは、複数のワクチンが体内に入ることで起こるかもしれないリスクを回避することや、副反応が起こったときの原因を特定し迅速な対応を図れるようにする意図があります。さらに、集団接種の予防接種は日時と場所があらかじめ自治体から指定されます。赤ちゃんの体調をその日に合わせて整えておかなければいけません。

 

このように予防接種のスケジュールを立てるのは、初めてのお母さんには考えなくてはいけないことが多すぎて頭がこんがらがってしまうかもしれません。まずは落ち着いて大まかなスケジュールを組みましょう。優先するべきは集団接種です。受ける機会が限られるので、一度逃してしまうとずいぶん日にちがあいてしまってお母さんのあせりの原因にもなりかねません。自治体の集団接種スケジュールを把握して優先して受けるようにしましょう。一方、個別接種のものは赤ちゃんの体調に合わせてかかりつけのお医者さんで受けられるので、集団接種の合間を縫って受けることができます。

 

しかし、冬場など赤ちゃんの体調の管理が難しい季節に集団接種の時期が重なったりすると、どうしても当日、赤ちゃんが発熱したり元気がなかったり、予防接種を受けることが心配な状況になることも多々あります。そんなときは迷わず見送ってください。予防接種は赤ちゃんを重い病気から守るためにすることです。毒性を弱めているとはいえ、ウィルスを直接体に入れる予防注射は、元気なときにすることが原則です。体調が悪いときに予防接種をすることはかえって赤ちゃんに対する健康被害を招きかねません。

 

集団接種が受けられなければ予定を変更して個別接種できるものから進めていけばいいのです。日本の社会は、すでに多数の人が予防接種を受けて成長してきているので、何ヶ月かの遅れでリスクが大きくなることはあまり考えられませんし、決められているより間隔があいてしまっても回数をきちんと受ければほとんど心配はありません。

 

保育園の入園や海外渡航を控えている赤ちゃんのお母さんは、近い将来に赤ちゃんを取り巻く環境に合わせて予防接種を勧めていかなければなりません。その際、もっとも力になってくれるのは、かかりつけの小児科の先生でしょう。何でも相談して、アドバイスをもらいましょう。ウィルスや菌は目には見えません。予防接種の効果も目に見えませんが、確実に赤ちゃんを守るバリアとなってくれるのです。