はしかの予防接種

はしかは、麻疹ウィルスの感染によって引き起こされる病気です。39℃〜40℃の高熱となり、発疹、目の充血、咳なども症状としてあらわれ、赤ちゃんにはとてもつらい病気です。気管支炎や肺炎、中耳炎や脳炎などといった合併症が引き起こされることもあり、現在の日本においても、年間ではしかによる乳幼児の死亡者は数十人にのぼります。感染力もとても強いことから、赤ちゃんを守る意味での予防接種が強く勧められています。

 

予防接種は麻疹ウィルスの毒性を弱めた生ワクチンを使用します。お母さんから受け取る免疫は8ヶ月ほど続くと見られていますので、1歳を過ぎたら接種を考えてください。副反応は2割程度に接種後7日〜10日くらいで軽いはしかに似た症状が出ますが、1日〜3日で引きます。わずかですが熱性けいれんを起こす場合があり、さらに稀に脳炎が引き起こされることがあります。

 

はしかの予防接種は2006年4月から「はしか・風疹混合」の予防接種として実施されるようになりました。1期、2期、各1回の接種で、1歳児と小学校入学前の1年間は無料で受けられます。その時期を逃してしまうと有料になりますので注意が必要です。

 

同時に受けられる風疹ですが、「3日はしか」とも呼ばれ、症状ははしかに似ています。風邪の初期症状から発熱発疹となります。子どもがかかっても軽症であることが多い病気ですが、関節痛や脳炎の合併症が起こる可能性もあり、また、大人になってかかると重症化し特に妊婦がかかってしまうとお腹の中の赤ちゃんに障害を負わせてしまうかもしれない病気です。保育園や幼稚園などで大流行することが良くありますので、集団生活を送る前には済ませておきたい予防接種です。

 

副反応は、軽い発疹、発熱、リンパ節の腫れなどがありますが、重い副反応はほとんどありません。