ポリオの予防接種

ポリオはポリオウィルスの感染によって引き起こされる病気です。発熱や嘔吐、麻痺が起こる病気で、日本では見られませんが中国や東南アジアなどでは珍しい病気ではありません。後遺症として麻痺が残る場合もある重い病気なので、集団接種を実施して予防接種の徹底を図っている自治体がほとんどです。

 

ポリオウィルスは腸から体内に入り込んできます。腸にigA抗体があるとポリオウィルスが体内に入らないようにブロックしてくれますので、ポリオの予防接種はigA 抗体を作るために実施されます。赤ちゃんの腸までワクチンを届けるために注射ではなく直接ワクチンを赤ちゃんに飲ませる方法で行います。生後3ヶ月から1歳半の間に6週間以上あけて2回行います。

 

ワクチンを飲んでから赤ちゃんが吐き出したりしないように、お母さんは赤ちゃんをしっかり抱っこしていてください。接種後30分は会場に留まり、若しゲップなどと一緒に吐いてしまったら飲み直しを相談してください。家に帰ってから吐いてしまったら、かかりつけの医師と相談してください。

 

ひどい下痢を起こしているときはポリオワクチンを飲むことはできません。ワクチンが腸で留まることなく排出されてしまうからです。普段から便がゆるい赤ちゃんは、それが普通の状態なので接種を受けることができます。

 

副反応は、4日から35日の後に軽い風邪の症状になったり、そこから麻痺に至ることもありますが、100万人に1人というくらいの確率です。また、ポリオウィルスは赤ちゃんの腸の中で増殖して便と一緒に排出され、ほかの子にうつる可能性も否定できませんが、ほとんど発症は見られません。数週間の間、便の後始末には気をつけるようにしましょう。