BCGの予防接種

BCGの予防接種

結核は結核菌の感染によって引き起こされます。発熱と咳が長期間続き、重症になると血を吐いたり、呼吸困難になることもあります。抵抗力の弱い赤ちゃんがかかると結核性髄膜炎を起こすことがあり、とても危険な病気です。かつては日本でもたくさんの人たちがこの病気に苦しみましたが、現在では予防接種のおかげでずっと数は減りました。けれども結核自体がなくなった訳ではありません。主に高齢者の発症が多いのですが、小児の結核も決して珍しいとはいえません。集団接種によって広く接種を徹底させる自治体が多いのはこのためです。

 

牛型結核菌を弱めた生ワクチンを使用します。十分な免疫をつけるために4週間以上あけて次の接種を行います。小児の結核の発病は、BCGを行うことによって高い確率で防ぐことができます。

 

平成17年4月から結核予防法の改正により接種方法が変わりました。それ以前は、ツベルクリン反応検査といって赤ちゃんが結核菌に対する抗体を持っているか持っていないかの検査を実施して、持っていない赤ちゃんに限り、接種が行われていました。結核予防法の改正により、小児の重症結核を早期に防ぐために6ヶ月未満の赤ちゃんに限り、ツベルクリン反応検査をせずに直接BCGの接種を行うようになりました。生後3ヶ月から5ヶ月の間は、定期接種として無料で受けられますが、その期間を過ぎると原則として有料になってしまいますから注意が必要です。ただ、自治体によっては公費からの補助があるところもありますから、問い合わせをしてみたほうがいいかもしれません。

 

副反応は、ごく少数ですが、接種を受けたほうのわきの下にあるリンパ節が腫れることがあります。少し様子を見て、ひどくなるようだったらお医者さんを受診しましょう。