水疱瘡・おたふく風邪の予防接種

おたふく風邪は正式には流行性耳下腺炎といい、ムンプスウィルスに感染することで引き起こされます。耳の下から顎が腫れて痛みや発熱を伴い、髄膜炎や、髄膜脳炎などの合併症が起こることもあります。また、難聴になってしまうケースもあります。健康な子が感染してもひどく重症化はしませんが、怖い合併症が懸念されるので、お母さんからの免疫がきれてくる1歳過ぎからの早めの接種が勧められています。

 

ムンプスウィルスの毒性を弱めた生ワクチンが使用されます。保育園や幼稚園での流行はよく見られますので、入園前に余裕を持って受けておけば1ヶ月で十分な免疫がつきます。思春期以降に感染すると、睾丸炎や卵巣炎を引き起こし不妊の原因になることもあります。

 

副反応は2〜3週間後に軽いおたふく風邪のような症状が現れることがあります。また、稀ではありますが、無菌性髄膜炎を起こすこともありますが、症状は軽く後遺症もほぼ残りません。

 

水疱瘡は水痘ウィルスの感染によって引き起こされる病気です。潜伏期間は2週間、かゆみを伴う小さな水疱が全身に現れ発熱を伴うこともあります。水泡がかさぶたになり1〜2週間で多くは完治します。健康な赤ちゃんには特に心配する病気ではありませんが、抵抗力が弱っているときにかかると重症化してしまいます。脳障害などの合併症を引き起こす可能性もあり、また、感染すると水痘ウィルスが体内に潜み、成長してから帯状疱疹をわずらってしまう可能性があります。

 

水痘ウィルスの毒性を弱めた生ワクチンを使用します。1〜3週間後に軽い発疹や発熱の副反応が起きることがありますが、すぐに治ってしまいます。