インフルエンザの予防接種

インフルエンザウィルスによって引き起こされる病気で、その年のウィルスの型によっても違いますが39度前後の高熱が出て、咳や鼻水、喉や関節の痛み、嘔吐下痢などの激しい症状が特徴です。赤ちゃんは抵抗力が弱いため、気管支炎や肺炎などを引き起こしたり、稀に脳症などの合併症が現れる危険な病気です。

 

インフルエンザの予防接種は、その年の流行を考慮してワクチンが作られています。流行する型にはA、B型があり、さらに毎年微妙に変化しているため、感染を完全に防ぐことは不可能です。ワクチンは実際の流行より前に作られるため、型が一致すれば高い効果が得られますが、一致しないと感染確率が高くなります。とはいえ、重症化は避けられることが多く、効果がないとはいえません。

 

以前はすべての人が受ける予防接種でしたが、現在では任意接種で費用も個人負担となっています。インフルエンザにかかってしまった場合も、特効薬が開発されていますが、この薬にも重い副反応の懸念が指摘されています。接種率の低下にしたがって感染者数も増加してしまいました。高齢者や乳幼児には危険な病気ということで、近年、再び接種率が上がってきています。

 

副反応は接種したところが赤く腫れる程度で、発熱などの目立った症状はあまり見られません。しかし、ワクチンを作る際、インフルエンザウィルスの増殖に孵化鶏卵が使用されるため、卵にアレルギーがある場合はきちんと医師に伝えましょう。

 

毎年、必ずといっていいほどインフルエンザの流行は訪れます。予防接種をしても完全には防ぎきれるものではありません。赤ちゃんを守るという意味では、お母さんやお父さんはじめ家族も予防接種を受けること、外から帰ってきたらうがいや手洗いをして家の中へのウィルスの侵入を防ぐこと、流行時期に人ごみを避けることなどは、言うまでもなく気をつけていきたいことです。