海外渡航のための予防接種

外国へ行くにあたって赤ちゃんを同伴せざるを得ないとき、予防接種は日本国内にいるときとは違って、特に気をつけて受けていかないといけません。海外渡航が決まったら速やかにかかりつけの医師に相談して、予防接種を進めてください。

 

渡航する国にもよりますが、日本は比較的病気の感染から守られている社会であり、世界にはまだまだ危険な病気のウィルスが日常生活の中で当たり前に見られる地域が数多くあるのです。また、渡航先では国籍がないため、または言葉の問題もあり、必要とする予防接種を直ちに受けることは難しいと考えられます。危険な病気のある地域へ予防接種を済ませていない赤ちゃんを連れて行くことは、この上なく危険なことなのです。

 

WHOが世界規模で推奨している小児に対するEPIワクチンは、ポリオ、BCG(結核)、三種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)、麻疹の6種類で、日本においては定期摂取ですべてカバーすることができます。まず、あらかじめこれらの接種を済ませていくことが大切です。

 

次に、渡航先の国に流行している病気に対する予防接種を済ませておく必要があります。黄熱病や狂犬病など、入国する際に接種を受けておくことが要求されているワクチンもあります。日本においては予防接種の間隔が定められているので、早めに医師と相談して効率の良いスケジュールを組み立てていく必要があります。

 

渡航先の国はもちろん、旅行の形態や滞在日数、滞在の方法などによっても、必要とする予防接種の種類は異なってきます。なれない外国での生活で、重い病気と戦うことは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、避けるに越したことはありません。何はなくとも、お医者さんに相談しましょう。