日本脳炎のワクチン

日本脳炎の患者さんの数は、日本国内でどのくらい発生しているのでしょうか。近年では患者さんの発生は年間数名のようです。おもに中高齢者のかたが発症しているそうです。また日本脳炎は地域によっては感染する心配がきわめて低いという話があるそうです。本当なのでしょうか。日本脳炎は定期の予防接種の対象疾患となっているそうです。

 

しかし、その発生状況などを検討しながら予防接種を行う必要がないと認められる地域を都道府県知事が指定することが可能となっています。このことを踏まえて北海道のほとんどの地域をみると、日本脳炎の予防接種は実施されていないそうです。日本脳炎ワクチンがどのようなワクチンなのか気になりますよね。現行の日本脳炎ワクチンは、日本脳炎ウイルスを感染させたマウス脳内においてウイルスを増殖させていきます。

 

そして高度に精製して、ホルマリンなどをもちいて不活化をしたものだそうです。ワクチンの精製度は極めて高いといわれていますが、極めて微量ですが脳組織成分が残存してしまう可能性もあります。そして不純物が混入するといった可能性は完全には否定できないそうです。日本脳炎のワクチンをうった場合に、一般的な副反応としてあげられるもは発熱や注射部位の腫れや痛みがなどです。また、ごくまれにですが強いアレルギー反応がおこることがあるそうです。