A型肝炎はワクチンで予防できる

ワクチンで予防可能な疾患にA型肝炎もあります。A型肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV)の感染によって2〜7週間と比較的長い潜伏期間をおえてから発熱や全身倦怠感、食欲不振、悪心・嘔吐、黄疸などの急性肝炎症状を起こす疾患のことです。成人では顕性感染が75〜90%と多いそうです。また小児の場合も不顕性感染が80〜95%と多いそうです。

 

A型肝炎は、患者さんの糞便中に排泄されたHAVによる経口感染が主のようです。衛生環境が未整備な途上国の場合だと10歳までにほぼ100%が感染しています。そして無症状のまま抗体を保有するといわれています。日本の場合は、上下水道の整備とともに感染機会が減少しました。そして50歳未満での抗体陽性者は極めて少なくなっているそうです。

 

A型肝炎は1987年に感染症サーベイランス事業の対象疾患に加えられました。全国にある約500カ所の病院定点からは月単位の報告があり発生動向調査が始まりました。その後の1999年4月の感染症法施行よって、急性ウイルス性肝炎の一部として全数把握疾患となりました。また診断した全ての医師に届け出が義務づけられるようになったそうです。