予防接種の歴史

予防接種の歴史

予防接種(vaccination)という言葉が最初に使われたのは1796年でエドワード・ジェンナーによってといわれています。この後にルイ・パスツールが微生物学の先進的な研究によって予防接種の概念をさらに進歩させたそうです。予防接種(Vaccination 「牛」を意味するラテン語vaccaより)の命名の由来ですが、初めのワクチン(vaccine)が牛に感染する牛痘ウイルスであり、天然痘よりも症状が軽くて治りにくく致死性の高い天然痘に対してある程度の免疫をつけることができたためです。

 

種痘の試みに対してみてみると倫理や政治、安全性、そして宗教などをめぐっての論争がありました。それは予防摂取の初期からあったそうです。初期の成功と義務化によって、予防接種は広範囲にわたって受け入れられることになりました。また大規模な予防接種キャンペーンが実施されたことによってたくさんの地域にわたって多くの病気の発病が激減したというように評価されています。

 

予防接種の目的を大まかに言えうと抗原によって免疫系の準備を整えることによって、伝染病への防護となる人為的な免疫誘発が起こるということです。感染性の病原体を使って免疫反応を刺激するといった方法は免疫処置と呼ばれています。予防接種の中には複数の免疫源を接種するものもあります。そして接種方法もいくつか存在しています。現代では予防接種が当たり前でしたが、初めて試みた場合に色々な壁などもあったのではないかと思います。