予防接種に使用されるワクチンの種類

予防接種に使用されるワクチンの種類には一体どのようなものがあるのでしょうか。まずは不活性化ワクチンについてご紹介したいと思います。不活性化ワクチンは、培養したウイルスを、熱やホルムアルデヒドで殺したものを使っています。ウイルスは破壊されており繁殖することはできませんが、ウイルスのカプシドタンパク質はあまり損傷されていないので免疫系に認識されます。

 

そして、その反応を引き起こすためには十分なもののようです。処理が適切であれば、ワクチンに毒性はないとされています。しかし、不活性化が適切に処理されていなければ、ウイルスが手つかずで残っているため毒性を発揮する場合もあります。適切に作られたワクチンでは繁殖が行われないので、免疫反応を強化するには定期的な追加免疫のための接種が望ましいとされています。

 

次に生ワクチンです。生ワクチンは毒性を十分に弱めた、生きたウイルスを接種します。ウイルスは繁殖するが、その速度は遅いとされてます。接種した後も繁殖しており抗原として存在し続けるので追加免疫はあまり必要ないとされています。このワクチンの場合は、組織培養によって毒性の少ない種類のウイルスを残すことになったり遺伝子の突然変異を誘発することになったり毒性を発揮する特定遺伝子を除去することで作られることになります。

 

主にこのワクチンには毒性が再発するリスクがあるのですが、特定遺伝子の除去は比較的このリスクが少ないとされています。また免疫不全状態の人には使えないといった点もあげられます。最後にサブユニットワクチンについて次のとおりご紹介したいと思います。このワクチンは免疫系に示す抗原としてウイルス性物質を接種しないものです。

 

ウイルス中の特定のタンパク質を分離して接種するといった方法があります。この方式のデメリットは、分離したタンパク質が変質する可能性があることです。その場合にはウイルスに対応するものとは別の抗体が作られてしまいます。他のサブユニットワクチンには組み替え型ワクチンがあり、これは対象となるウイルスのタンパク質遺伝子を別のウイルスに注入するといった方法です。この第二のウイルスはタンパク質情報を発現してしまいますが、病気のリスクはありません。