ヒトに対する予防接種

ヒトに対する予防接種にはどのような歴史があるのでしょうか。予防接種の先駆けは、紀元前200年ごろだとされています。古代中国で行われていたそうです。これは驚きですよね。学者のオーレ・ロン(Ole Lund)はこのように記しています。「文書上の予防接種の例で最も古いものは17世紀のインドおよび中国のものである、天然痘に感染した人のかさぶたを用いて粉末状にしたものを病気の予防に対して使用した、といった例です。

 

昔、天然痘は世界共通の病気でした。そして、天然痘に感染した人の20%から30%は死亡していたそうです。天然痘は、18世紀ヨーロッパの数カ国において、死因の8%から20%を占めておりました。予防接種の習慣は紀元前1000年のインドに起源をもつと考えられています。アーユルヴェーダの教本、サクテーヤ・グランサム(Sact'eya Grantham)には、予防接種についての記述があったそうです。

 

これは、フランスの学者アンリ・マリ・ユッソン(Henri Marie Husson)によって、Dictionaire des sciences me`dicales誌中に報告されています。ネトリーの病理学教授であるアルムロス・ライト(en:Almroth Wright)は、ネトリー病院のプロフェッショナルを率いて実験を行っており、後世における予防接種の形態を作りあげました。そして彼の実験結果は、ヨーロッパでさらなる予防接種の発展へと繋がりました。