予防接種の義務化

予防接種の義務化についてご紹介したいと思います。天然痘の予防接種を呼びかけるためのポスターなどもその当時には作成されたようです。病気が蔓延するリスクを避けるために、様々な時代ごとに国や機関など、それぞれのものが全ての人々に対して予防接種を義務化するための法律を作ってきました。例えば、1853年の法律をみてみましょう。

 

イングランド・ウェールズ全国では、天然痘予防接種を義務化しており、これに従わなかった人たちからは罰金を徴収しましたた。現在では、アメリカの州共通の予防接種法においては、就学の前に公的予防接種を受けることを義務づけています。その他にもほとんどの国では同じように強制的な予防接種を行っています。日本でも赤ちゃんが産まれると予防接種についての案内などをもらっていると思います。

 

19世紀から始った初期の予防接種以来から、予防接種の法律化は様々な団体からの反発を引き起こしました。このような団体は包括的に予防接種反対論者(anti-vaccinationist)と呼ばれました。そして倫理的にも政治的にも、また衛生的、宗教的というような色々な観点から予防接種に反対しています。よく見られる意見としては、「強制的な予防接種が個人の問題に対する過度の干渉にあたる」というものがあります。また「推奨されている予防接種の安全性が不十分である」といったものがあります。現代の予防接種法においては、免疫不全の人々やワクチンへのアレルギーを持つ人々、そして強固に反対する人たちへの例外措置を設けています。