予防接種の種類について

予防接種の種類についてご紹介したいと思います。予防接種の任意接種とは希望者が各自、医療機関で受けるものです。そして接種費用は、全額自己負担となってしまいます。予防接種によって健康被害が発生した場合には医薬品副作用被害救済基金法による救済制度というものがあります。たとえば流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、水痘(みずぼうそう)、Hib、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、狂犬病、ワイル病秋やみなどの他にも定期接種の対象年齢層以外に対する1類疾病、そして2類疾病も任意接種となります。

 

定期接種とは予防接種法に基づいて接種されることになります。対象年齢の接種費用には自治体により公費の助成が行われています。1類疾病については地方公共団体の多くで無償としています。しかし、中には有償とする地方公共団体も存在しています。そして予防接種により健康被害が発生したような場合には、予防接種法第11条による救済制度というものがあります。

 

1類疾病とは接種対象者、もしくはその保護者等に接種の努力義務が課されているそうです。ジフテリア・百日咳・破傷風(3種混合ワクチン,DPT)、麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、日本脳炎、ポリオ(急性灰白髄炎)、結核(BCG)などが対象となります。2類疾病とは接種の努力義務が課されないもので65歳以上、もしくは60歳以上65歳未満で心臓や腎臓、また呼吸器に重い障害のある人やAIDSなどに罹患しており免疫力が低下している人の場合やインフルエンザワクチンなどが対象となります。