ワクチンの種類について

予防接種のワクチンの種類には生ワクチンと不活化ワクチンなどがあります。生ワクチンは生きた病原体の毒性を弱めたものです。たとえば麻疹や風疹、ポリオ、BCGなどが該当します。ただ、生の病原体を入れるために接種した病原体により軽い症状の副反応が出ることがあります。つぎに不活化ワクチンについてですがどのようなものなのでしょうか。

 

不活化ワクチンは死んでしまい毒性を失った病原体の成分のみのものです。たとえば百日咳や日本脳炎、インフルエンザなどが当てはまります。ワクチン自体の効果は弱いため、何度かの接種が必要になることが多いとされています。次にトキソイドについてご紹介したいと思います。トキソイドは菌が発生する毒素を取り出してからさらに無毒化したものです。

 

トキソイドはジフテリア・破傷風などが該当します。トキソイドの場合は、やはり不活化ワクチンと同じようにワクチンの効果は弱いので何度か接種することが必要となることが多いそうです。予防接種を受けるときには注意事項などもありますし、副反応についての説明などもありますのでよく確認してから予防接種を受けるようしたほうが良いでしょう。