インフルエンザの予防法について

インフルエンザの予防法についてご紹介したいと思います。マスクは口と鼻をある程度はガードすることができます。けっしてパーフェクトではありませんが、ウイルスの侵入を最小限に抑えらることができます。また、咳や唾液の飛散を防ぐことができますので自分がウイルスを持っていた場合には感染拡大を予防することができます。

 

手洗いとうがいと合わせていけば感染を防ぐためには有効な方法だといえます。さらに、妊婦さんや子供、持病を持っている人などはインフルエンザ感染で重篤化する恐れがあります。そういった人は、あらかじめ予防接種を受けることも検討することができます。インフルエンザワクチンが大量生産できないのはどうしてなのでしょうか?

 

合併症を防ぐために、その予防法として有効なワクチンなのですが、量産するためには難しい事情があるそうです。少し専門的なお話になってしまいますが、インフルエンザワクチンは、日本では鶏卵から作っております。鶏卵でワクチン株のインフルエンザを増殖させていきウイルスを精製濃縮します。そして卵の成分を取り除きます。さらにできたウイルスを分解してから、HA(ヘマグルチニン)というウイルスの成分だけを取り出します。そして体に抗体を作るためのワクチンを作り出しています。