インフルエンザワクチンと予防接種

インフルエンザワクチンを予防接種していたからと言っても、インフルエンザに感染しないわけではありません。インフルエンザワクチンの予防接種は感染防止と流行の阻止の効果については期待できないのです。メリットはあくまでもかかってしまった場合の発症をどれだけ防ぐことができて、症状をどれだけ軽く抑えることができるのかという点です。

 

この点を誤解しないようにしておきましょう。インフルエンザワクチンの予防接種方法についてですが現時点では、13歳以上の場合には新型インフルエンザは2回です。そして、季節性インフルエンザは1回予防接種を行う必要があるといわれています。新型であっても1回の予防接種で効果があるという報告もあります。

 

子どもの場合には、1回の接種量が少なくて抗体ができにくいため、原則として2回の接種が必要となります。1歳未満は0.1mlで1〜6歳未満は0.2ml、6〜13歳未満の場合は0.3mlとなっています。そして、1〜4週の間隔でワクチンの接種をおこないます。できれば抗体を上げるためには、3〜4週空けて接種する方がいいでしょう。