予防接種って、何のために受けるの?

予防接種って、何のために受けるのでしょうか? 予防接種の目的は、さまざまな感染症を予防するということです。赤ちゃんは生後3〜6カ月くらいを過ぎると、妊娠中のお母さんからもらった抵抗力(免疫)が自然に失われていきます。そのため、赤ちゃんが自分で免疫を作って、病気を予防できるようにしなければなりません。そこで役立つのが予防接種なのです。

 

予防接種は、感染症の原因となるウイルスや細菌からワクチンを作ってそれを接種します。人はウイルスや細菌におかされると、体の中に免疫ができるとされています。そして、その病原体に感染した記憶が体に残りますので、多くの場合には一生その病気にかからないですむか、かかったとしても軽い症状ですむようになります。予防接種は、この仕組みを利用しているのです。

 

また、感染症は人から人へ伝染する病気なので病気が大流行するのをくい止めるためにも、予防接種は重要な役割を果たしているのです。いまの法律では、予防接種はどうしても受けなければいけないということにはなっていません。受けるか受けないかは、親が決めることになっています。予防接種の役割たメリット、デメリットをよく理解したうえで、赤ちゃんを病気から守るためにはどうするのが一番よいか判断したほうがよいでしょう。