定期接種と任意接種について

予防接種には定期接種と任意接種というものがあります。「定期接種」とは、一定の年齢になったら受けたほうが望ましいと法律で定められている予防接種のことです。定期摂取には三種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)、BCG、ポリオ、はしか・風疹混合などがあります。これらの感染症は、とても感染力が強いため万が一赤ちゃんがかかってしまうと重症になることが多いのです。それらを予防する必要性は高いものだといえるでしょう。

 

また、予防接種以外に有効な予防方法や治療方法などがないのです。費用については、公費の補助を受けることができますので接種が定められている年齢の期間内であれば、無料で受けることができます。しかし、お住まいの自治体によっては有料の場合もあります。「任意接種」は、赤ちゃんの周りの環境や家族の状況などを考えて受けるかどうかを保護者が任意に選択する予防接種のことです。

 

たとえばおたふくかぜや水ぼうそう、インフルエンザ、B型肝炎などが対象になります。これらの病気は、普通はかかっても軽い症状などですむものがほとんどです。希望者だけが個人的に病院などに行き予防接種を受けます。「任意摂取」は保険がきかないため費用は自己負担になります。これらの2種以外にも「特別措置の摂取」として、日本脳炎があります。