予防接種で赤ちゃんを病気から守る

予防接種で赤ちゃんを病気から守ってあげましょう。赤ちゃんを連れて病院までいくということはとても大変なことですよね。予防接種をした後に赤ちゃんに大泣きされたり、せっかく来ても熱があって接種できなかったりすることもあります。お母さんは苦労の連続です。そのため予防接種を敬遠するお母さんもいるのです。

 

しかしも、予防接種は赤ちゃんを病気から守るための大切な手段なのです。予防接種を受けずにいれば、将来その病気にかかることがあるかもしれません。ひどいときには合併症を引き起こしてしまい重い障害を負ったり、最悪の場合は命を落とすこともあります。また、周りの人に病気をうつすことによtって社会全体に迷惑をかけることもありえます。

 

副反応について心配するお母さんもいますが、ひどい副反応が出る確率と接種しないで病気にかかる確率とを比べたら、予防接種を受けたほうがはるかにリスクは少ないのです。また、かかりつけ医で受ければ、万が一のときであっても普段のお子さんの状態を踏まえて対応してもらうこともできます。赤ちゃんのためにもそして社会のためにも、かかりつけの病院で予防接種を受けるようにしましょう。