日本脳炎について

日本脳炎とは、一体どのような病気なのでしょうか。そrへあ日本脳炎ウイルスの感染によっておこる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患で、ヒトからヒトへの感染はなくて、ブタなどの動物の体内でウイルスが増殖されてから後、そのブタを刺したコガタアカイエカなど水田等に発生する蚊の一種がヒトを刺すことによって感染してしまいます。

 

日本脳炎は東アジアや南アジアにかけて広く分布する病気です。日本脳炎の症状はどのようなものかというと、ウイルスを持つ蚊に刺されてしまい、感染したあとも症状なく経過する(不顕性感染)場合がほとんどです。しかし、過去には、100人から1000人の感染者の中で1人が発病するというように報告されています。

 

症状が出る場合は、6〜16日間の潜伏期間を経た後に、数日間の高熱や頭痛、嘔吐などで発病してしまい引き続き急激に光への過敏症になったり意識障害やけいれん等の中枢神経系障害(脳の障害)を生じることにあんります。大くの方は、無症状に終わるようですが、脳炎を発症した場合には20〜40%が死亡に至る病気といわれています。そして幼少児や高齢者の場合は死亡の危険は大きくなっています。