日本脳炎の発症例

日本脳炎の予防接種は最近では、受けないという選択をするかたもでてきています。日本脳炎は、国内でどのくらい発生しているのでしょうか。近年においては日本脳炎の患者は年間数名のようです。そして、おもに中高齢者が発症しているようです。 しかし、平成18年9月に熊本県において、小児(3歳児)での発生が報告されました。

 

そして、平成19年3月には広島県(発病は平成18年で推定感染地域は茨城県)において、19歳での発生が報告されています。日本脳炎の発生は地域によって大きく異なるという話があります。それは本当のことでしょうか。まず、発生状況は地域によって、大きく異なるようです。過去10年間(平成11年から平成20年10月)に58件の発症があったそうです。

 

そのうち大部分は、九州・沖縄地方(38%)及び中国・四国地方(40%)で発症しています。北海道(0件)、東北(0件)、関東(3件)甲信越(2件)地方における発症は非常にまれだということです。詳しい地域別の情報については、国立感染症研究所感染症情報センターのホームページをみてみると確認することができます。